FC2ブログ

OTA-Kingdom

                    の残骸

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレイル探し その2

カテゴリー : 写真
その1

この③地点から④、⑤あたりまでは地図を見る限りはなかなかいけてそうな道である。一部急坂もありそうだけどという程度。
なのになぜだ!?なぜまったく乗れないんだ!?

そうだ!やつはスカウター地図では拾いきれないほどの一瞬だけ戦闘力標高を変化させているんだ!

意味不明ですが、この斜面を横切っていくよう道は数え切れないほどの小沢を横断しているのでした。
IMG_0500.jpg

こんな感じでチャリを降ろしては担ぎ上げることの繰り返し。横断した沢の数は数十本に上るのではないでしょうか。
あまりに同じことの繰り返しに、
「我々は本当に前進しているのか?」
という疑問すらわくような道。まるで無限ループ。

④やっとこさ分岐に到着
IMG_0501.jpg

我々は確かに前進していたようである。
写真のExifデータから判断するに、1時間ほど同じことを繰り返していたらしい。

⑤雲の中

IMG_0504.jpgIMG_0506.jpg

分岐からもしばらく沢を横断する道が続いたものの、その後は狭く急な登山道に変化した。しばらくして写真のようながけの上に出た。ゴーという滝の音が聞こえる。どうやらスキー場への分岐は近いようだ。
  ・
  ・ 
  ・

しばらくしてスキー場とどっかへ続く分岐に到着した。(看板があったけど写真に撮るの忘れた)
そこからスキー場までは何てことない道で、すぐにスキー場に出ることができた。雪のない岩だらけのスキー場はなんだか夢のない場所だった。
この道はチャリを持っていってはいけない。←結論
スポンサーサイト

トレイル探し その1

カテゴリー : 自転車
エコーライン登って、登山道を下ったらすごいダウンヒルできるんじゃね?
という発想の元、エコーラインからえぼしスキー場に抜ける登山道に探検に行ってきました。
結果から言ってしまえば、距離的には8割、時間的には9割、感覚的には10割担ぎと押しの登山道でありました。(イメージです)

概要は以下の通りです。

地図
map.png


①登山道のスタート地点

IMG_0496.jpg
 
IMG_0497.jpg

遠くにはなだらかな山肌が見えていますが、目の前の道はガレた急坂…
期待と不安が入り混じるスタートでした。

②階段や木の根でなかなか乗れない道中
IMG_0498.jpg


場所が場所だけに無理せず自転車を押して慎重に進みます。
たまに乗れる部分はあるものの、枝が張り出したりしていてかなり狭い道。

③沢で一休み

IMG_0499.jpg


ここまでの所要時間は1時間ほど。休憩にはちょうどいい。
対岸の道は沢を少し下ったところについていました。

本当の地獄はこれからだ・・・・・


こ、こいつは…

カテゴリー : 写真
blackbox_shifters.jpg


Sram X.0用のレバーだそうです。
有名DHライダーの名前が入っておりまして、
形もそれぞれ異なっている模様。

こいつはぶったまげた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。