FC2ブログ

OTA-Kingdom

                    の残骸

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSC-WX1の色気のない色味

カテゴリー : 写真
恐る恐るこんなタイトルのエントリをしてみる。
一人であんなに盛り上がってたのに…


自分にとってDSC-WX1は相変わらず気になる機種である。
なので、多くの方がアップされている実写画像をいろいろと吟味しているのだけど、
いくつかイケて無い、いや好みでない点が目に付く。

まず気になったのは、タイトルの色味・発色について。
こちらからの借り物の画像。
416837_m.jpg

写真右側の空の色が紫がかっている。(うちのディスプレイのせいでは無いよね?)
はっきりいって、今まで使ったカメラでこんな写りをするカメラは無かったと思う。
ケータイのカメラで撮ったかのような写り。

・空の色
・草木の緑
この二点がどうも…、ということについては上記の場所でも指摘されてるみたいで、
個人的には味とは割り切れない、我慢できないものだと感じている。


単純に考えると
・画像エンジンのパラメータの追い込み不足
・裏面照射型"Exmor R"の特性
あたりが原因として考えられるのだけど、
いろいろ検索していたところ、気になるエントリを見つけた。

裏面照射図解

原色フィルターを採用していると思っていたけど、
どうも赤のフィルターは存在していないらしい???

自分の知識と頭ではあまり論理的な考察ができないのだけど、
この点はちょっと匂うなぁと思った。


~らしい、~だろう、~みたいばかりなお話でした。
スポンサーサイト

ジャズ

カテゴリー : 写真
だけじゃなかった定禅寺ジャズフェスティバル。
2日目の夕方から、手遅れ気味に足を運んでみた。

ジャズはよく分からんしなぁと思いつつもふらふらしていると、
聞いたことある曲が耳に入ってきた。

IMGP2033-8.jpg

ウルフルズのコピーバンド、ウルフル2。
派手~な格好に負けないパフォーマンスで、人だかりができてた。

IMGP2036-4_3_2_1.jpg


ついでに夜の勾当台公園のミッドナイトステージみたいなやつも観戦。
こっちはもう完全にジャンルフリー。
ロックやバラード、スウィングガールズのボーイズ版、コメディを入れたショーみたいなのまで。

真夜中ギター、パイナップルダンディー、チープパープルあたりはすごい盛り上がっていて、
友達と一緒に恥ずかしげもなく踊っていたら、今日は背中が筋肉痛になってしまった。


これは来年も行かざるを得ない!

Kind Shock i850

カテゴリー : 写真
Pure-Race KS i850

ほ、星ふたつだぁ…

しっかり読んでないけど、インナーチューブとシールの間に隙間があって、
冬とかまずくね?といったことが書いてあるようです。
IMGP2005.jpg
ほとんど隙間なく見えるけど、グリスと埃の混合物で埋まってるだけ(汗


↓上位?バージョンのこっちは評価いいみたい。
Kind Shock Cobra i900
i950.jpg

アジャスタブルなシートポストは個人的にはとてもお気に入り。
トレイルではもちろんのこと、普通では高さ変えなくてもいいかなと思うよう林道とか、
信号に引っかかったときにサドルを下げて遊んだりとか、とにかく手軽に可変できるので、
サドルの高さに我慢する必要性がまったく無くなってしまう。
(リモートがないと、知らないトレイルでは変更が間に合わないけど…)

ある程度試したらTrance Xに移植しようと思ってたけど、
便利なのでi850はSociety用で固定。

やぐらの形が変わってちょっとすっきりした↓i950が発売になったら、
黒いやつ用にゲットしてみたい。
2009-02-20-15-38-54.jpg

町スナップを振り返る 50mm f1.4の単焦点レンズ

カテゴリー : 写真
IMGP1863.jpg

写真を撮るためだけに町をうろつくのも初めてだし、単焦点だけを持って歩くのも実は初めて。
このことに関して、感じたことをいくつか。

(1)50mm(35mm換算で75mm相当)は結構長い
おっ!と思ったほうにレンズを向けても、対象全体がファインダーに収まりきらない感じ。
撮り始めて30分ぐらいは、画角の狭さにちょっと戸惑った。

ただ、これに関しては時間が経つにつれて
まったく意識しなくなるほど気にならなくなっていったのも事実。

今回みたいな散歩では、いろいろと持ち歩かなくても何とかなっちゃうんだなぁ
というのが分かったのは大きな収穫。


(2)とにかくぼける
コンデジと比較すると、絞り開放では2次元の被写体以外はぼける!という塩梅。
楽しすぎて、ピントの甘い写真を量産してた。

IMGP1852.jpg
(木の葉全体にはピントが合ってると思ってた写真)


IMGP1818-1.jpg
(今回のじゃないけど、こんな平面な感じのものでも少し絞って撮った)

唐突ですが、自分の頭は同時に3点までしか気を配れないようになっているようで…
明るい単焦点を手に入れたことで、
<今まで>
・構図
・画角(立体感・圧縮効果)
・シャッタースピード

<今回>
・構図
・絞り
・シャッタースピード
てな感じに変化してたのかな。
この楽しさにつられて、ズームがないのを忘れてただけかも知んない。


(3)絞り優先モード
一眼レフを買ってからもほとんど使っていなかったモード。
明るいレンズを使って、初めてその存在意義をちょこっとだけ体験できた。

これはばしばし使って、早く体に馴染ませたい。

あ、あと開放ではMFでピント合わせ出来ませんでした。
必ず前後にずれた。残念!


以上、ちょっと書きすぎた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。