FC2ブログ

OTA-Kingdom

                    の残骸

久々のトレイル

カテゴリー : 自転車
土曜日のお話。

スノーボードシーズンも先週で終わり。
今週は春の息吹を感じる山へ繰り出してみた。

場所はこの↓林道。
一度行ったことがあったけど、日が暮れそうだったかで諦めたことがあった。

DSC00198-1.jpg
(無駄にスイングパノラマで)

記憶では大した登りじゃなかったはずなんだけど…
登りが異様にキツイ!
インナーに落としても、トラクションをコントロールする余裕が無かった。
スノーボードでのふんばりはチャリには役に立たないっぽい。

仕入れておいた缶コーヒーで一服中、ライダーとすれ違った。
抜けられるかも?
DSC00223.jpg

脇道を探索したりしながら、ちんたら走って林道の終点へ。
DSC00257.jpg


これまで走ってきた林道から引き返すように伸びる道と、
林道の奥へ伸びていくような2本の道があるが、
今回は奥へ伸びるシングルトラックへ。

陽だまりトレイル。
DSC00253.jpg



……ウォッちずの通り、奥武士方面の道に出て呆気なく終了…


不完全燃焼解決のため、赤坂近辺の点線の道を探りに行くも、
こちらは入り口を間違えたらしく、全然違う道を走っていたらしい(?)
想定外の林道に出て、唐突な幕切れ。
DSC00279-1.jpg
雰囲気は中々いいんだけど…
惜しい!


トレイル探しは不発だったけど、足は完全に売り切れ状態。
体力落ちたなぁとか、でもやっぱ山はえぇなぁとかそんな久々のトレイルでした。

んでも、この界隈は色々あるような、無いような…




タグ長い
DSC00245.jpg
スポンサーサイト

SONY 「DSC-W350」 を買いました

カテゴリー : 写真
PowerShot A700がレンズカバーが閉まりきらなくなったりと、
だいぶみすぼらしくなってきたので、新しいカメラを物色していました。

裏面照射型CMOSを採用した「DSC-WX1」は発表当時、筆頭候補だったのだけど…
ネット上の画像を見るにつれ、購入意欲喪失。
暗所にはめっぽう強いのだけど…


そうこうしているうちに、「DSC-WX1」とほとんど同じ
シャーシを採用したCCDモデル「DSC-W380」や、
その廉価版を含めた「DSC-W300」シリーズが発表されたのでした。


DSC-W320は 手ぶれ補正が無い×
DSC-W380のGレンズはスペックはいいのだけど、ピントの外れた場所のボケ方が汚い×
という半ば消去法で「DSC-W350」をお買い上げ。


先日のトレイルついでに枚数を稼いできたので、軽くインプレでも。

▼画素
1400万画素!文句なし!
フルサイズで記録すると、1枚あたり5MBにもなる。
普段は5Mピクセルの記録モードに固定。
画質劣化なしのデジタルズームで倍率も稼げるようになるので、
自分はこれがデフォルトになるでしょう。

▼画質
日中限定、光量が十分にある環境なら抜群によく映る印象。
ボケはA700に比べると若干不自然な感じもするけど許容範囲内。
キャノンをあっさりさせたような色味も好み。

▼バッテリ
すぐインジケータが減る印象。
DSC-WX1に比べ、一回り薄型のバッテリーが採用されているせいか、
あまり持ちは良くなさそう。
(何回か充電してるうちに変わるかも)

▼液晶
視野角は広くない。
適正露出になっているかは、必ず液晶を正面から見て確認する必要ありかな。

▼質感
ぱっと見、いい感じ。
ただ、バッテリーのカバー部分がすぐ壊れそうだったり、
自分の個体は若干軋んだりと、タフネスではない感じ。

▼サイズ
今まで単三式のデジカメを使ってた身からすると、
感動的に小さく薄い。
一昔前のTシリーズよりスリムなのではないでしょうか。


▽総評
小さな不満はあるけれど、これだけ小さくて広角でよく映りと…
2万円を切る値段から、つなぎのカメラになるかもしれないと思ったが、
しばらくはこれでいけちゃいそうな印象の、よくできたカメラでした。
機を見て高感度も試してみよう。

↓天気がいいとパリっとよく映る。
と思いませんか?
手軽に広角バンザイ。
DSC00217.jpg
DSC00247.jpg
DSC00222.jpg
DSC00227.jpg
DSC00223.jpg
DSC00221.jpg
DSC00209.jpg
DSC00204.jpg
DSC00279.jpg
DSC00267.jpg